【レビュー・カメラ初心者】ソニーα6400でミラーレス一眼カメラデビューしてみた

趣味と生活

皆さんは、カメラをお持ちでしょうか。
今やスマートフォンでも十分綺麗な写真を取ることが可能です。

もともと僕はカメラのことはよく知りませんでしたが、周りのカメラ好きの友人達を見て「iPhoneXSで十分画質はいいしカメラはなんだか高そうだし、ハマるとレンズとか本体以外にもどんどんお金かかるって言うから手を出さないでおこう」と思っていました。

しかし、遂にそんな僕もカメラデビューをしてしまいました。

GAMI
どうしても、愛犬の写真をより高画質で、シャッタースピード早い画像なんかも撮りたくなったんです・・・
iPhoneXで撮影していた時のタイムラインと、α6400で撮り始めてからのタイムライン

ソニー「α6400」購入の決め手

購入した、α6400 ダブルズームレンズキット(シルバー)

僕の場合は、予算10〜15万円くらいで、動きの早い対象物でもしっかりピントが合って撮れるカメラを探していました。

色々な方のブログや口コミサイトなどをひたすら訪れては、悩みました。

予算を超えてどうせなら本格的な一眼レフを購入するのがいいのか、外で犬を撮りたいのであれば携帯性を重視してコンパクトデジカメにするのがいいのか、などなど。

  • デジタル一眼レフカメラ
    撮影する実際の画像をファインダーで確認して撮影する。レンズの種類が豊富だが、値段が高く、重くてかさばる。
  • ミラーレス一眼カメラ
    画像センサーで光を電気信号に変え液晶モニターで再現する。軽量でコンパクト、価格帯が低めだがデジタル一眼レフと比べるとレンズの種類が少ない。
  • コンパクトデジタルカメラ
    小さくて軽く、レンズ交換不要。レンズ交換ができない分、高倍率ズームレンズや多彩な撮影モードなど機能が充実している。
  • 実際に候補に挙がったのは下記のカメラです。

    ・ソニー「α6500」

    ソニーα6500・「ボディ内手ブレ補正」機能が魅力

    ソニーのαシリーズには、「6000」「6300」「6400」「6500」があるのですが、唯一ボディ内手ブレ補正機能を搭載しているモデルです。

    低速シャッタースピードでの撮影時でも、補正効果約5倍の手ブレを抑えた撮影が可能となるとのこと。

    ・キャノン「EOS Kiss M」

    キャノンEOS Kiss M・圧倒的コスパ

    他の候補であったソニーα6500、α6400と比較し約50%ほどの本体価格でありながらも、画質面やその他の機能で他2モデルに匹敵するカメラ。

    コストパフォーマンスの点でいうとかなり評価できるカメラです。

    購入の決め手

    色々と悩みながらも、最終的には以下2点が決め手となり、ソニーのα6400のダブルズームレンズキットを購入しました。

    1. 最先端のオートフォーカス機能
      α6400はAF機能にAIを搭載しており、動きのある被写体を追いかけ続けるトラッキング性能が非常に優秀。(リアルタイム瞳AF機能)
      また、AF速度は世界最速の0.02秒
    2. レンズの拡張性
      α6400で採用されているSONY Eマウントは長い歴史を持っており、今後も主力シリーズとして躍進を続けるため交換レンズの選択肢が多い。

    愛犬の写真や動画を撮ることが目的だったのでオートフォーカス機能がとても魅力的であり、今後カメラに凝ってきた際には色々な写真が撮りたくなるだろうと、レンズの拡張性も重要ポイントに置きました。
    また、よくドッグランに行くので望遠レンズも持っておきたいと思いダブルズームレンズキットを購入しました。

    実際のソニーα6400の使用感・レビュー

    実際のα6400

    結論、何も知らないカメラ初心者には最適解だったのかなと思います。

    操作もシンプルで覚えやすく、オートフォーカスのお陰で最初からいわゆる「ぽい」写真が撮れてテンションが上がるので、モチベーション高くカメラのことを勉強していけました。

    背面はタッチパネル

    タッチパネルのUXが良く、反応速度も高いですし、操作もわかりやすいです。
    ショートカットキーの設定がかなり細かくできることもよかったです。

    メニュー画面

    スマートフォンへの転送もカメラにWifiが付いているのでそのまますぐに完了できます。

    地味に嬉しい、180度開閉自撮りモニタ

    α6000シリーズ初となる、180度開閉可能な自撮りモニタ搭載。
    今までiPhoneXでYoutubeの動画を撮っていたのですが、今度からα6400でも撮ってみようと思います。

    GAMIの運営する、Youtube「さくこむチャンネル」

    連写による撮影

    リアルタイム瞳AFも、しっかりと愛犬を追いかけてくれます。
    iPhoneだとどうしてもブレて撮れないような貴重なショットが撮れます。

    カメラ初心者の勉強の仕方

    僕は、こいしゆうかさんの「カメラはじめます!」という本でカメラの初歩の「初」を学びました。

    漫画になっておりほのぼのとするイラストで、大変読みやすいです。

    カメラ初心者が難しい用語や設定を学んで挫折してしまう、ということがないように、モチベーションを保ちつつ最低限覚えるといい内容から段階を踏んで丁寧にわかりやすく教えてくれますので大変おすすめです。

    僕はこの本のお陰で、最低限分かっているとカメラを面白いと感じることのできる
    1.絞り(背景のボケ)
    2.露出(明るさ)
    3.WB(色合い)
    を覚え、次に構図やシャッタースピード、ISO感度の使い方を覚えました。
    玉ボケや逆光、インスタやメルカリ写真のコツ等も書かれています。

    おわりに

    僕は趣味や、今までにやったことのないことへの挑戦を大事にしています。

    やったことのないことへの挑戦は自分の「好きなこと」を見つける機会になりますし、もしそうではない結果になったとしても、他人との共通点や盛り上がることのできる話のネタを作ることができます。

    ぜひ皆さんも、新しいことに一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

    【挑戦する→好きなことが見つかる→幸せになる】リスクを抑えて一旦やってみる大切さ

    2019年8月26日

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    28歳3社目の事業開発複業家
    mission:世の中の挑戦ハードルを下げる。 ベンチャーで事業開発マネージャーとして勤務しながら、1万人フォロワーの愛犬インスタグラム【さくらとこむぎ】とYoutubeチャンネルを運用したりSNSアドバイザーをやっています。